アウトドアに便利なグッズを集めてみました

やってきましたね、アウトドアの時分。

我家は冬季はスキーづくしなんですが、それ以外の時分はアウトドア、キャンプづくしです。

旅立ちをめぐって宿に泊るによってず~っと格安で、自然と触れ合えて、お外部が嫌いじゃなければ相当楽しい催しだ。

ただ、ご飯の段取りもテントを築き上げるのも、勿論自分でやらなくてはいけないですけど。

とはいえ、子どもたちは心からよろしいトライがでしますし、大好きな催しだ。

も、前年の秋でしたかね、キャンプをめぐってたときに、まさかの台風インタビューにあいまして。

ウェザー予想はもちろんチェックしてるし、万全だったはずなのに、台風のやり方一変でインタビューですよ。

ぱっと片付けて返るには、気付いたのが遅すぎて、いよいよテントで凌ぐしかないという気力。

それがよりによってかなりの勢いのある台風で。

夜中にインタビューしたのですが、ずいぶん怖くて寝れたもんじゃありません。

テントは、潰れ要するし、雨風は酷い正邪。

そんな中、テントが多雨過失してくるし、もう最悪です。

飛ばされるかも!っとひいては夜中に愛車に避難し、近くの進路の駅舎でウェイティングしました。

愛車も飛ばされみたいっで怖かったですが、テントよりはましでした。

只、早朝台風は去り、キャンプ地に戻ったら、どこもかしこも大荒れで。

我が家のテントは破壊、多雨びたしになってました。

そういう、にがーい経験があるにも関わらす、またアウトドアの時分にウキウキしてるのです。

ミュゼ大分

教員ライセンスの有無はどこでわかるのか

大阪府訓練員会が府内の小中学校の教諭を対象に、教員ライセンスの所持場面を確認しました。
これは、昔45年代の男性が教員ライセンスを上っ面し、15通年も無ライセンスで教壇に立っていた妨害を通して行われたものです。
約1万5千自分を対象に行われたのですが、1千自分近くの教諭が手元に無い、とある筈が見当たらないと言っているようです。

身は、こういう話を聞いて呆れ返ってしまいました。
いつの訓練委員会も大概こんな状況なので案外驚きませんでしたが、これ程適当な教諭がいることには、驚きです。
今のところ無免許は見つかっていないとの案件でしたが、残りの1千人の中にいないとも限りません。
そもそもこういう探査で驚きなのが届け出だというポイントだ。
教員ライセンスは、都道府県で発行されている筈なので、ライセンスを発行しておる以外検証をすれば極めるはずです。
このような問題が起こっていらっしゃるから、人員として調べれば判る話です。
それをせずにいて、このような広告をする時点で、ズレているという思えてなりません。

大阪府では、1日に配置になった新任の教諭が2お日様に痴漢振舞いで逮捕されたという報知もありました。
如何なる選挙アベレージで教諭を選んでいるのか聞いてみたいものです。
今までは性善説でやっていても良かったのかもしれませんが、ここまで不祥事が起きているのですから、もう意識を変えてきちんとして下さいものです。